新富芸術祭2021

2021/11/3〜2022/1/30

ABOUT 新富芸術祭とは

農業は芸術(アート)

人が作り出したものを芸術と呼ぶなら

農業は芸術。

360度芸術に囲まれたこのまちで育まれる

豊饒と感謝の芸術を

五感で体感する

 

2021年11月3日より、農業と豊かな自然があるまち・宮崎県新富町で、
「新富芸術祭2021」を開催します。

会期:2021年11月3日(水・祝)〜2022年1月30日(日)

 

◯暮らしや営みは、アート

新富町には様々な伝統や暮らし、営みが、時を超え生き続けています。
古代の息吹を今に伝える古墳群、田畑を耕し自然の恵をいただく農(みのり)、代々受け継がれる地域の祭事…。
歴史あるもの、新しいもの、不思議なもの、面白いもの。
この小さな町には、そんな魅力的なことがあふれんばかりに存在しています。
遥かな時代から連綿と紡がれてきた地域の暮らしや営み──自然と人間が共創するそれこそが「芸術」なのです。


 

◯テーマは「感謝」、合言葉は「ありがとう」

農とつながりの深い新富町では、晩秋から年末・年始にかけて祭りを行い神楽を奉納します。
わたしたちを取り巻くあらゆるものに感謝する暮らしが、今もなお続いています。
開催期間は、ちょうど収穫感謝祭の時期。
新富芸術祭では「感謝」というテーマのもと、「ありがとう」を合言葉に、
アートと感謝の視点・観点から地域の魅力を見つめ直します。


 

◯地域に暮らす人にこそ、地域の魅力を伝えたい

新富芸術祭は、地域の魅力を外へ発信するためだけのものではありません。
新富・宮崎に暮らす人々が地域の魅力や価値を再発見し、再確認するきっかけとなることを目指しています。
感謝の心で日々の暮らしを振り返ったとき、他者や地域社会、自然環境に対する信頼や尊敬の念、さらには自己肯定感や共感といった思いが生まれ、幸福度が高まっていきます。

この芸術祭が、幸せな地域を生み出す一助となりますように。